難病の人にとって保険は定期(更新型)と終身型どっちが良い?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



更新型?それとも終身型?

生命保険の商品は数多く販売されていますが、そのすべてを「保障期間」という視点で大きく分けると、2つの種類に分けることができます。
「定期保険」と「終身保険」の2つです。
この2つは保障期間が違うことで、それぞれ保険加入の意味合いが変わってきます。
それぞれの違いや特徴をご存知ない方はもちろん、知っているという方も、基本的な点を抑えておきましょう。
また、このサイトを読んで頂いてる難病・特定疾患の方にとっては、どちらに加入するのが良いのか。この2つの違いを難病患者の視点でも解説します。

定期保険と終身保険の違いは保障してくれる期間にあり

まずは定期保険と終身保険の違い・特徴についてご紹介します。

定期保険とは

定期保険とは保険期間(万が一の時に保障してくれる期間)が、あらかじめ定まっている保険です。商品によって色々ですが、あらかじめ10年と決められた定期であれば保険期間は10年間です。その期間中に万が一のことがあった場合には保険会社から保険金を受け取ることができます。その10年を過ぎると契約が切れるため、万が一のことがあっても保険金を受け取ることはできません。契約自体がなくなるので、加入者が保険料を支払う必要もなくなります。

終身保険とは

終身保険とは、保険期間が一生涯続く保険です。解約しない限り亡くなるまで続きます。この一生涯保障に対して保険料をいつまで支払うかというと、商品によって異なります。
ひとつは、保険を解約しない限り一生涯にわたって保険料を払い続けるパターンと、もう一つは、ある年齢までに保険料を払い込んでしまって、それ以降は払わなくて良いというパターンです。保険料を払い込んでも保障は一生涯続きます。
途中で保険を解約すると、保障期間は終了します。

難病の人は定期と終身、どっちがいいの?

簡単ですが、ここまで定期保険と終身保険について知っていただきましたが、難病の人にとってはどちらに加入するのが良いのでしょうか。

難病の方が注意しなければいけないのは「定期保険」を更新する際に、その更新時の健康状態で再度審査をしなければいけない、ということです。これは難病の多くの人にとっては、悩ましいポイントではないでしょうか。

もし難病の根本治療が見つかっていて、完治していたとしたら、その更新の際に保険料の大きな増額はなく、再度入れることがあるかもしれません。一方で、完治どころか、体調が悪くなり、それまでに入院をしていたりすると、保険料の大幅の増額や、場合によっては加入できない、ということも大いにありえます。

難病の方だと、完治するのと、症状が悪くなるのと、どちらの可能性が高いでしょうか。
もちろん完治してほしいと期待はしたいですが、それよりも体調悪化の方が、現実的に見ると可能性が高いのではないでしょうか。(もちろん病気の種類やその人によると思いますので、よくよく考えてみてください。)

難病の方で、もし体調がしばらく落ち着いていて、今なら割と手頃な保険料で、納得の条件で保険に加入ができる、ということであれば、ずっとその先、保障が続き保険料も上がらない(更新型ではない)保険を検討されてはいかがかと思います。

逆に難病の方で定期保険を検討されている方は、更新時の健康調査の際に、保険料の大幅な増額や、加入不可の可能性があることをよく理解し、納得した上で、加入するようにしましょう。

あくまで保険は経済状況・家族構成・人生設計等をふまえた上で判断していただく方が良いので、「難病だからこっち!」と一括りにすることはできません。ただ、その良い判断をするために、難病だからこそ、こういう視点から考えることも大切ですよ、というアドバイスと思っていただけたらと思います。

保険選びで私のように失敗しないでください…おすすめの探し方!

難病・特定疾患でも保険に入れるの?にズバリお応えします。

ではいざ自分に合った保険を見つけるにはどうすればいいのでしょうか?

保険の選び方・探し方を間違えると、自分に合っていない保険なのに気づかず入ってしまう方が多くいます。

実は私もその一人です…。

初めて保険に加入した時、相談した相手は、知人から紹介された某大手保険会社の営業マンの方でした。

その方は、 「クローン病の私でも入れる可能性のある保険が一つありますよ」 ということで、丁寧に商品の説明をしてくださいました。 それを聞いて私も内容に納得して加入しました。

でも入ったあとになって、別の知り合いから、他社の保険で保障内容はそんなに変わらなのに保険料が安いものがあることや、保険料は同じでも保障内容の良いものがあることを聞かされました。

それを聞いて私は「もう少し他の保険会社のものも比較検討すればよかった…」と後悔しました…。





その後、医療保険に入ろうと思ったので、前回の反省を生かして、今度は多くの保険会社の商品を扱っている代理店に相談しました。

担当者の方に自分のライフプランや病気への不安などを聞いていただき、多数の保険会社の中から自分に合った保険をいくつか提案してもらい、比較して決めることができました。

そんな自分の経験から、難病だけど「自分に合った保険を選ぶたい!」という人におすすめしたい方法は、色んな保険会社や保険商品などたくさんの選択肢の中からプロの視点で提案してもらい、保険をしっかり比較して選ぶということです。

○○生命など大手保険会社の営業マン・外交員に相談しても、自社の保険しか扱うことができません。

そのため、限られた商品の中からしか私たちも選べません。そもそも持病(難病)があっても入れる保険は一つの保険会社に何種類もありません。結果、営業マンから提案される数も1種類だったりして、料金や内容を他と比較できないまま加入するかどうか考えなければいけません。

それとは対照的に全国の保険代理店から近くのお店を探せる『ライフル保険相談』といったサービスを利用して相談すれば、十数社以上の保険会社の商品から、保険のプロが自分のライフプランや体調・病歴をヒアリングしてくれて自分に合った保険を提案してもらえます。

  • 複数の保険会社の商品を比較検討できる
  • 相談料無料
  • 全国1426店舗から予約可能
≫『ライフル保険相談』の詳しい情報はこちらから≪


さらにこうした代理店をおすすめするもう一つの理由は、どちらも強引な営業行為はしないという配慮がされている点です。これは本当に安心して相談できます。
保険会社の営業マンは人によってはしつこく電話をしてきて、新商品の宣伝や、知り合いの紹介を求めてきたりされますので。。。(経験あり)

多くの保険の中からプロに提案してもらうのか、特定1社の保険会社の営業マンからそもそも一つしかない商品をおすすめされるのか。これはとても大きな差です。

保険は目に見えるものではないので、「保険なんてどこの会社もそんな違いはないだろう」とか「最初に説明してくれた保険会社の担当者の人柄が良かったから」など、保険それ自体の違いを比較することなく、なんとなくで決めてしまう方も多いのが実情です。

でも実際、保険料を払っていくと総額で数百万円以上になることもあり、とても大きな買い物になりますので、『ライフル保険相談』などを利用して、プロに相談して、ぜひ多くの(少なくとも3種類以上の)商品から比較・検討することを本当におすすめします。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加